ページトップ

海蔵地区婦人会の皆さまへ省エネ講座

2013年12月14日

四日市市海蔵地区婦人会(会長:笹岡乗子)は、海蔵地区市民センターを会場に、婦人会の定例会にあわせて、省エネルギー講座を開催しました。
(財)省エネルギーセンターの講師派遣により、当研究会副会長兼事務局長矢口芳枝が講座を進めました。

日時:平成25年12月14日(土)14:00~15:30
場所:四日市市海蔵地区市民センター 大会議室
人数:23名

講座は、四日市市海蔵地区の30代から70代の各地域の婦人会の役員の方々が講座を熱心に受講していただきました。
エネルギー消費部門の民生部門は常に増加させています。
当然ながら、参加の皆さまは家庭の中心的存在であり、省エネ行動などには、一番関心を寄せていただきたい人たちです。
なぜなら、エネルギー消費の部門別伸び率が、産業や運輸部門よりも、民生部門は1990年度-2011年度比(%)で、24.6%も上昇しております。
つまり、我々家庭からの消費を抑えることが近年多発している異常気象や温暖化防止などの行動につながることになります。
2013_1214_141227-DSC00991.jpg

講座では、省エネの裏技的なことも盛り込んで力が入ります。

参加いただいら皆さまから「改めて、私たちの行動一つひとつが重要であると思った」「日本の省エネ技術はすごい!」など感想と共に、質問も受け、「地域」を「地球」を良くしていこう!という気運が高まりました。

2013_1214_141325-DSC00992.jpg