ページトップ

笹尾東小でも、身近な環境問題である"ごみ"学ぶ!

2018年06月05日

私たちの一番身近な環境問題である「ごみ」を、東員町のごみを搬入する「リサイクルの森」や「社会」の時間で学びを終えて、当研究会の出前授業で再び、東員町に住む児童一人ひとりの問題として捉えていました。
DSCN0652.jpg

日時:平成30年6月5日(火)8:50~10:40
場所:東員町立笹尾東小学校
人数:4年生41名 関係者5名

全国・三重県・東員町のごみの重さを5感を使って知る。
>DSCN0651.jpg


東員町のごみの分別を考える。
DSCN0653.jpg

当日は東員町からの依頼で、中日新聞記者や東員町総務部政策課からも取材に来ていただきました。